zoo展
アンデパンダン形式展覧会『zoo展』 ぜひお越しください!!
カテゴリ
連絡先

zoo展

Author:zoo展
★zoo展、終了いたしました★
zoo.exh■gmail.com
(■を@に変えて送信ください。)

検索フォーム
リンク

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


作品サイズは、平面・立体を問わず、

額のサイズも含めた、縦500×横700(mm)以内です。

作品形態にかかわらず、壁掛け展示をお願いします。

★作品及び額が、壁から前面に出るのは50cm程度にしてください。

★床に直置きは不可です。
★台などに立体作品を置くのは不可です。
★安全に展示・鑑賞できるようにしてください。

立体作品の方は、ボックスフレームなどに作品を入れていただくか、
壁に棚(木の板など)を設置して、その上に作品を置くなどしてください。
ギャラリーの壁は釘打ち可です。(両面テープは使用できません!ご注意ください!)
その際の作品を置く棚や金具・釘などは、ご自身でご用意・設置してください。
(その際、サイズ(縦500×横700(mm)以内)を超えないようにご注意ください。)


●設置例
 壁に木の板を垂直にL字金具で固定し、上に作品を置いて完成です。
 ※L字金具はホームセンターで購入できます。

 立体作品の展示方法(提案)その2
※作品はなるべく透明のケースなどに入れていただきたいです。



補足--------------------------------------
 ボックスフレームとは・・・
 立体額とよばることもあるそうです。
 主に、プリザーブドフラワーや刺繍、標本やバッチなどのコレクション額として使われる額です。
 ネット検索で、たくさんのボックスフレームが見れます。
 興味がありましたら、一度検索してみてください。
 平面作品にも良いと思います。



 ★わからないことなどありましたら、お気軽にメールでどうぞ。
  メール(→zoo.exh■gmail.com ■を@に変えて送信ください。)







この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。